ネットワーク構築についてご説明いたします。

電話工事・ビジネスホンなら大阪の早川電気
06-6546-1800 お問い合わせ

ネットワーク構築

LANは欠かせません

ビジネスホン・PBX等の電話設備も大事ですが、現在はパソコン無くしては業務を行うこともままなりません。
そしてパソコンはネットワークに接続しなければ、そのパフォーマンスを発揮することができません。

ネットワーク環境を構築するためには、いわゆる「LAN」に接続する必要があります。

有線LAN? 無線LAN?

LANは大きく分けて、有線と無線に分かれます。
基本は有線での接続になりますが、無線LANの技術向上に伴い、無線LANも徐々に増えてきています。

有線LAN、無線LANどちらが良いのか?

運用状況に応じて、有線のほうが良い場合もあれば、無線のほうが良い場合もあります。
双方にメリット、デメリットがありますので、一概には言えません。

要は使い方によって異なってくるということです。

有線LANのメリット・デメリット

有線LANのメリット

  • 通信速度が速く、安定している。
  • 盗聴行為による情報漏えいが行いにくい。
  • スイッチングHUBを用意することで、すぐに複数台のパソコンをつなぐことができる。

有線LANのデメリット

  • ケーブルの配線にコストがかかる。
  • ケーブルがかさばり邪魔になる。
  • 別途スイッチングHUB等の機器が必要になる。

無線LANのメリット・デメリット

無線LANのメリット

  • パソコンにケーブルが必要ないので、1箇所に縛られない。
  • 配線コストが有線LANに比べて低く抑えられる。
  • スイッチングHUB等の機器コストが抑えられる。

無線LANのデメリット

  • 無線なので、周囲の電波状況に影響されやすい。
  • 盗聴行為による情報漏えいの恐れがある。
  • 要所要所に無線LANのAP(アクセスポイント)を取り付ける必要がある。
    (LAN配線、場合によっては電気工事も必要)
  • 無線LANのAP(アクセスポイント)コストが高い。

有線LANが有利?

無線LANの普及は徐々に進んではいるものの、有線LANの普及率のほうが圧倒的に多いのが現状となっております。

有線LANだけ、無線LANだけ、という風に完全に分けて考えるのではなく、場所や運用状況に応じて、有線LAN、無線LANの双方を使い分けることで、双方のメリットが活かされるのではないでしょうか。

当社は万全のフォロー体制でトラブルにもすばやく対応できます!
  • 法定耐用年数は6年
    ビジネスホンは基本的に1年365日24時間フル稼働しているため、設置環境によっては、まれに障害が起きることも。
    詳細はこちら
  • システムダウンするとどうなる?
    確率はかなり低いですが、万一システムダウンしてしまうと、接続されている全ての機器が使用不能状態に。
    詳細はこちら
  • 様々なトラブルに備えています!
    当社では様々な状況に備えて、ビジネスホン、PBXの機器、パーツ類を数多く在庫として取り揃えております。
    詳細はこちら

お気軽にお問い合わせください

  • TEL.06-6465-1604 FAX.06-6465-1220
  • info@denwa-koji.com
  • FAX申込用紙ダウンロード
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ

早川電気通信株式会社
〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野4丁目4番6号
TEL:06-6465-1604 FAX:06-6465-1220(申込書ダウンロード
URL:http://www.denwa-koji.com/
メールアドレス:info@denwa-koji.com