ケーブル配線の工事についてご説明いたします。

電話工事・ビジネスホンなら大阪の早川電気
06-6546-1800 お問い合わせ

ケーブル配線及び機器類設置

LAN配線は当社にお任せください

新規オフィスの開設、オフィスの引越し、レイアウト変更…など、
ネットワーク環境を構築するためにはLAN工事は欠かすことの出来ないものです。

小規模LAN工事から大規模LAN工事まで規模にかかわらず、当社でネットワーク環境の構築をお手伝いさせていただきます。

また、LAN配線のみならず、

  • サーバ構築
  • VLAN構築
  • 各種アプリケーションソフトの販売、セットアップ
  • プリンタ販売、セットアップ

など、ネットワーク周りのフォロー体制も整っておりますので、お気軽にお問合せください。

→工事の流れはこちらをご覧下さい

工事の流れ

1
まずは、お気軽にお問い合せください。
お電話・FAX・メール・フォームからお問い合わせください。

TEL.06-6465-1604 FAX.06-6465-1220

  • FAX申込用紙ダウンロード
  • お問い合わせフォームへ
2
打合せ(ヒアリング)を行い、建物の状況、端末の配置、台数等の確認をします。
3
LAN配線の仕様が固まり次第、御見積もりをさせていただきます。
4
見積もりがよろしければ契約の手続きをさせていただきます。
5
LAN工事のスケジュールをつめさせていただきます。
6
LAN工事終了後、必要に応じて開通時に立会いさせていただきます。

光ファイバーもOK

有線LANの1スパンの有効通信距離は100メートルまでとなっています。
建物内であれば、100メートルおきにスイッチングHUBを中継に接続することで、距離を更に100メートル延長することが可能です。

しかし、屋外(工場・学校・倉庫等)での長距離配線が必要な場合は、スイッチングHUBで中継接続することは困難になってきます。

ではどのようにLANの配線を用意するのか?
その答えが「光ファイバー」です。

光ファイバーは1スパンでキロメートル単位での配線が行えるので、中継に使用するスイッチングHUBを考慮する必要はありません。光ファイバーの他にも同軸ケーブルや電話線を利用した構内DSLといった方法もありますが、配線距離及び速度面でどうしても劣ってしまいます。

光ファイバーであれば、配線距離はLANケーブルよりも長く、通信速度もLANケーブルよりも速いので、決して劣るということはありません。しかも、光ファイバーは送受信する信号に「光」を利用しますので、電磁的な影響を受けにくく、安定した通信環境の実現にはうってつけだといえるでしょう。

将来の拡張性や、速度面でのメリットによるランニングコストを考慮すると、光ファイバーが一番おすすめではないでしょうか?

光ファイバーに興味のある方はお気軽にお問い合せください。

当社は万全のフォロー体制でトラブルにもすばやく対応できます!
  • 法定耐用年数は6年
    ビジネスホンは基本的に1年365日24時間フル稼働しているため、設置環境によっては、まれに障害が起きることも。
    詳細はこちら
  • システムダウンするとどうなる?
    確率はかなり低いですが、万一システムダウンしてしまうと、接続されている全ての機器が使用不能状態に。
    詳細はこちら
  • 様々なトラブルに備えています!
    当社では様々な状況に備えて、ビジネスホン、PBXの機器、パーツ類を数多く在庫として取り揃えております。
    詳細はこちら

お気軽にお問い合わせください

  • TEL.06-6465-1604 FAX.06-6465-1220
  • info@denwa-koji.com
  • FAX申込用紙ダウンロード
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ

早川電気通信株式会社
〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野4丁目4番6号
TEL:06-6465-1604 FAX:06-6465-1220(申込書ダウンロード
URL:http://www.denwa-koji.com/
メールアドレス:info@denwa-koji.com